男の痰壺

映画の感想中心です

どですかでん

★★★★ 1982年7月14日(水) 新世界東宝敷島

f:id:kenironkun:20200701204438j:plain

黒澤描く夢は陳腐で幼児的なので本作の例えば浮浪者のイメージ等は見ていて恥ずかしいが、圧倒的な巨大映画の構想に挫折した後、反動で自分の色に染まらない役者を動員した枯れ具合と地面にまで色を塗った色彩美術への拘りが同居する歪さが良い。(cinemascape)

ボー・ジェスト

★★★ 2020年6月28日(日) プラネットスタジオプラス1

f:id:kenironkun:20200628201319j:plain

なるほどーそういうことやったんかあ。

へーそうやったの、わからんかったっす。

とまあ、不可解な状況の起きた真相と、不可解な行動の隠された真実ってのが、終盤につるべ打ちされる。

 

冒頭、アフリカ戦線で孤立した砦の救援に向かう部隊。彼らが見たものは全滅した友軍。しかし、その状況は全く不可解なものであった。

とまあ、ミステリーのような興味深い振りで始まる、一応。

そこから物語は、一気に過去時制に遡及して、舞台はロンドン。幼いジェスト3兄弟のエピソード。そして、成人した彼らは何やらやらかして外人部隊へと流れていくのであった。

部隊での色んな確執とかあって、冒頭の全滅の顛末へ至るんですが、正直かったるいし眠い。

 

ぶっちゃけクーパーがミスキャストなんだと思う。兄弟の絆とか、鬼軍曹との対決とか、男騒ぎの萌え要素が優男の彼では今いち栄えない。ゲーブルやったら未だしもだったか。

結局、謎がきれいに回収されましたという道理的な快感しか残りませんでした。

ボージェスト!

なんのこっちゃ。

おもひでのしずく (2006年2月20日 (月))

※おもひでのしずく:以前書いたYahoo日記の再掲載です。

 

グレイゾーン

f:id:kenironkun:20200628204924j:plain

喫煙の有害性をクローズアップすることのみに世論が傾き始めている。
課税金を増強しての270円→500円説などが実しやかに流布している。
俺は、こういうワンサイドに流されていく世論には非常にキナ臭いものを感じるし、危険とさえ思う。
セクハラ訴訟で被疑者を注意しなかった職場の上司までもが損害賠償請求される。
…新聞でこういう記事を読んだ。
アメリカの在りようがが何も絶対でもなかろうに、日本も訴訟社会への道を突き進むのだろうか。
相反する意見があって当然だが、グレイゾーンというものも間違いなくある。
一方が一方を完全に封殺しようという姿勢は一種のファッショだ。
非喫煙者や職場の女性は嘗ては被害者だったろうが、容易に加害者に転じ得る。
で、今そういうグレイゾーンを認めない原理主義的ストリームの中に時代はある…ように思える。
先日の幼稚園児殺害事件も、根のところでは、そういう風潮と無関係と思えない。
今年2本目の映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を見たあと思った。

三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

★★★★ 2012年7月14日(土) 新世界国際劇場

f:id:kenironkun:20200628203621j:plain

正直この監督でミラが出てきてええかっこするとウンザリなのだが、余り知らない三銃士の面々が面構えも良く、加えて敵ミケルセンもティム・ロスばりに良い。CG過多はともかく、終盤の屋根上での殺陣は久々の見物。又、ボンクラ国王夫妻も好感。(cinemascape)

もっとしなやかに もっとしたたかに

★★★★ 1982年8月20日(金) 毎日ホール

f:id:kenironkun:20200628202720j:plain

無気力・無責任とまでは言わないが本質にそういった資質を色濃く内在させる脚本で、起承転結が無くダラダラだが結構色々起こる平凡男の日常がノンシャランで良い。奥田十八番の受動的で取り柄無きうらぶれ男も良いが藤田の資質とも最高にマッチした。(cinemascape)

ドカーンといったれ原始へ戻せ

f:id:kenironkun:20200702085504j:image

コンビニのレジ袋が有料化されたけど、この程度のことで海洋汚染の解決に資するもんじゃないことは誰でもわかってるやん。

小さなことからコツコツとと言ったって限度がある。小さすぎです。

やってまっせのポーズのおためごかし政策はコンビニ業界もサービスで出してたもんに金請求できてありがたやで、客もいい事してるのエコ満足でみーんな納得。うさんくせー。

どうせやるんやったらいっそ全面廃止でいいんじゃない?スーパーもコンビニもその他もろもろ小売全般。

それをしたって、まだまだお話にならないレベルでさ、その次はペットボトルを消滅させないとあかんね。飲料はビンとカンのみ、紙パックもプラでコーティングしてるからアウト。そんでさ、容器代をのっけて売らせるわけよ。で空きビン空きカン持ってきたらキャッシュバック。リサイクルすすんで超エコじゃん。俺っちのガキの頃なんて落ちてる空きビン拾っては駄菓子屋のバーサンから小銭せしめて小遣いの足しにしてたもんよ。エコだぜ。

でその次は弁当よ。弁当箱持参でなきゃ弁当買えないわけよ。レジで弁当箱出してさ、奥で店員がつめてくれるわけ。唐揚げ1つサービスしときましたよ❤️とかニッコリ言われてハートフルだぜ、それきっかけで恋が芽生えて婚姻率も上がって少子化にも歯止めがかかり一石二鳥ってなもんよ。それとコーヒーもマイマグカップ持参じゃなきゃ買えませんよ。フレッシュもシロップも容器からお好きなだけ注いで下さい、小分けの容器は廃止だぜ、プラは悪なのさ。エコだろ。

 

何?めんどくせーだと。

てめーみたいなのがいるからグレタちゃんとか、ムンとかキムとかキンペーとかプーちゃんとかトランポリンだとかにやりたいほうだいされて何も言えねーじゃねーか。

意味わからん?

じょーとーだよ。けっこうけだらけ猫灰だらけおけつのまわりはクソだらけってなもんよ、あさってきやがれ。

 

注:これは昨夜、悪魔がささやいたもんで、最後の方は俺にも全く意味不明です。

おもひでのしずく (2006年1月23日 (月))

※おもひでのしずく:以前書いたYahoo日記の再掲載です。

 

ホリエモン

f:id:kenironkun:20200627221006j:plain

ねこの目
ねこの目
ねこの目
みっつ
ひとつおおいよおおくなんかないよ
遺伝子操作だ ギャオ!

 

粉雪が舞い散る中を世間を呪いつつ自転車をこぎながら突如思い浮かんだ替え歌を口ずさむ。
そして、遺伝子操作→狂科学者→狂スポンサー→ホリエモン
俺の想念は次々あらたな飛躍をとげていく。

今回の検察の摘発を受ける直前
彼は次のビジネスターゲットとしてバイオテクノロジーを挙げていた。
…ような気がする。
又、宇宙旅行に関しても言及していた
…ような気がする。

何10億もの巨資を得た男が目指したものが
「バイオテクノロジー」「宇宙旅行」「プロ野球」「TV」だったとすれば、わかりやす過ぎて好きになっちまいそう。
少なくとも「社会正義」とかを恥ずかしげもなく口にするネットモールの社長よりかは愛嬌がある。

それみたことかの世間の論調はかえって腹立たしい。
俺は、潰されるのが、あと1、2年先であって欲しかった。
ドラマが序章で終演したかのようなもどかしさ。
これでは、映画にするにも「転」落ちだよ。