男の痰壺

映画の感想中心です

2017-02-01から1ヶ月間の記事一覧

血だらけの惨劇

★★★ 2016年7月23日(土) プラネットスタジオプラス1 ド派手若作りと歳相応の中年女性を往還するクロフォードの凄まじい大芝居が全ての安手ギミックを粉砕する。随所で漂う『サイコ』2番煎じ臭だが凶器をグレードアップしてキャッスルのドヤ顔が目に浮かび…

俺たちに明日はない

★★★ 1976年4月18日(日) 伊丹グリーン劇場 南部の倦怠とドン詰まり感。行き場のない連中が吹き溜まりに寄せ集められたワイルドバンチの痛々しいカラ騒ぎは祝祭的に描かれる余り胸に迫らない。終盤の非情への一気の転調が揺らめき交錯する視線の刹那に結実する…

ラ・ラ・ランド

★★★ 2017年2月26日(日) MOVIXあまがさき6 展望台に2人が行き着いてナンバーが始まる。 そこまで至るにパーティの喧騒がバズ・ラーマンから下品を割り引いた淡泊仕様で、どーなん?と感じていた。 で、始まったんだが…短い。 タップダンスをちょこっ…

貞子 VS 伽椰子

★★★ 2016年6月19日(日) MOVIXあまがさき9 化物には化物とド直球を宣う安藤&麻衣のブラックジャック&ピノコな快演に裏の裏は真理なるかなの予兆。呪怨屋敷でのリングビデオ再生の轟音は真打登場的ハッタリにときめく。が、しかし所詮は睨み女と這いずり…

フェリーニの アマルコルド

★★★★★ 1976年1月11日(日) 毎日文化ホール 1977年7月10日(日) ビック映劇 朝靄の中の巨船も雪の中の孔雀も木の上の叔父貴もフェリーニ的なはったりではあるのだが、挑発は影を潜め郷愁に塗り込められる。共同脚本に内実にまだしも重きを置くグエッラが参加し…

トラベラー

★★★ 2017年2月18日(土) シネヌーヴォ 処女作には作家の本質があらわれるらしい。 なるほどと思った。 この切って棄てたかのような終わり方の冷徹。 何の救いもない。 これがキアロスタミの人生観なのだと思う。 あと、子供が主役だが、彼らは恐ろしいほど…

ゾンビスクール!

★★ 2016年7月9日(土) 新世界国際 覚悟をもって作られたもんではないことは百も承知だが、にしても子供に遠慮しすぎで幼稚園のお遊戯会を見てるよう。どうせならガキゾンビを八つ裂きにし首すっ飛びーの手足引き千切りーのくらいやったらどやねん。こいつら…

第三の男

★★★★★ 1976年9月12日(日) 三番街シネマ2 手法は模倣され尽くしたとしても時代は模倣できない。4ヶ国が統治し中世と近代がシンクロする敗戦国を舞台に持ってきた刹那感と情緒。ウェルズ・クラスカー・カラスと3枚揃った伝説。どう足掻いたって再現不可能な…