男の痰壺

映画の感想中心です

2018-01-31から1日間の記事一覧

雪の轍

★★★★★ 2015年7月11日(土) シネリーブル梅田3 ベルイマン・カサヴェテスクラスの深層心理の表出により切り裂かれる魂の痛みは、インテリゲンチャ崩れな高等遊民の防御壁をやがて徐々にだが融解する。ニヒリスティックな世界観だが、それでも融和と希望を託…

修羅雪姫 怨み恋歌

★★★ 1980年12月23日(火) 新世界座 内容的に1作目と比して何が違うわけでもないが、鈴木達夫のカメラが素晴らしい美術と相まって寺山的猥雑さを醸し出し、役者のコラボも一線級の面構えを揃えて「男騒ぎ」な華々しき重厚。正直この映画には勿体ない位。(cinem…

花筐 HANAGATAMI

★★★★ 2018年1月30日(火) 大阪ステーションシティシネマ3 本卦還りとでも言おうか…最初期の「HOUSE」や「ねらわれた学園」のテイストで驚いた。 大林宣彦は前述2作や尾道3部作など、ほぼ同時代で見ていたが、たぶん「水の旅人」あたりを最後にずっ…