男の痰壺

映画の感想中心です

2019-06-24から1日間の記事一覧

エージェント・マロリー

★★★★ 2014年2月5日(水) トビタシネマ 高を括って見始めたそばからのダイナーでの顛末。華麗な関節技でのワンサイドな【テイタム】ボコ遣られに一気に覚醒したアドレナリンは最後まで退かない。本気が横溢した映画でミッションの腑に落ちなさもどうでもいい…

ブルース・ブラザース

★★ 1981年8月31日(月) 新劇会館 いい子ちゃんぶってチョイ悪入れてみました的2重構造のあざとさが全篇を被い乗れない。何よりランディスの演出はカッティングが稚拙で破壊の狂騒を単発のブツ切れで繋ぐだけでは映画的エモーションが生じるわけもない。白痴…

ザ・ファブル

★★★ 2019年6月20日(金) 大阪ステーションシティシネマ1 冒頭の殺戮シーンで、いらん小技を効かせやがってと、一挙にテンションは下がった。 監督の江口カンは前作「めんたいぴりり」では朴訥ともいえる作風だったに、チャラくなりやがってとも。 土台、ボ…

小さいおうち

★★ 2014年2月15日(土) 大阪ステーションシティシネマ12 何十年も秘めた想いを紐解く作りになっていない。戦時下の火遊びが露見せずに済みましたっていう程度の話ではないだろう。3角関係の2辺しか描けない山田には尺に合わない企画。『東京家族』から…

おもいでの夏

★★★★ 1981年9月5日(土) 毎日文化ホール 泡沫の如くに過ぎ去るひと夏の思い出が人生に何を呈するのかなぞと野暮は言わずに浸りきろうという割り切り。ズームやスローモーションの多用がかなり煩いが、ここまで戦略的にやられると諦めがつく気もする。ベタに…

サイド・ストリート

★★★★ 2019年6月22日(土) シネヌーヴォ 「フィルム・ノワールの世界」という企画で見た。 この企画、見たいものがそこそこあるのだが、ほとんどがデジタル上映なので敬遠していた。 今回、他に見たいのがあって、どうせならとついでに見たのだが。 アンソニ…