男の痰壺

映画の感想中心です

2020-06-03から1日間の記事一覧

おもひでのしずく (2004年10月5日 (火))

※おもひでのしずく:以前書いたYahoo日記の再掲載です。 「A」 俺は血液型で性格を規定することは好まない。いや、好もうとして来なかった。今までは…。 何を隠そう俺はA型なのだが、人格破綻的なれど、天才を往々に輩出する「B」温厚で器の大きい「O」…

希望の国

★★★ 2012年10月27日(土) シネリーブル梅田2 無人の街で2人きりで末期を迎える老夫婦に切ないまでに心は共振をしつつも、「希望」の欠片も存在しない展開に萎える。柔な作劇が通じない状況への戸惑いは理解するが、嘘でも「希望」を謳うべきだろう。若し…

パサジェルカ

★★★ 1982年8月13日(金) SABホール 後年に幾度となく扇情的に再生産されたナチス収容所もの真摯な原型。わかっていても主人公の反抗の姿勢は緩くカタルシスは封印される。無言のプロテストに精神世界で追いつめられるまでの高踏的描写には至らない。未完で…

俺のお気に入り映画 1940年代以前

正直、このへんの年代のはあんまり見てません。40年代でリストアップしたら数も少なくあまりにありきたりで、仕方なくそれ以前のものまで遡及して括りました。無声映画時代なんてほぼ見てないので欠落しまくりですが、折角作ったもんですから出しておきま…