男の痰壺

映画の感想中心です

2020-06-29から1日間の記事一覧

おもひでのしずく (2006年1月21日 (土))

※おもひでのしずく:以前書いたYahoo日記の再掲載です。 誤発注 まいったなあ…又やっちまったよ。こないだ「ジェイコム」の誤発注やらかして怒られたばかりだってのに、今度は「ライブドア」売りを買いで流しちまった。しかも、又株数間違えてるしどうしよう…

女囚さそり けもの部屋

★★★ 2012年8月25日(土) トビタ東映 冒頭の地下鉄シーンは良い。だが、その後街中を腕ぶら下げて走る梶は、さそりじゃなくて女の子になっちゃってるのだよ。伊藤演出の本気度の低下は著しい。その後も何に抗うのか不明の物語が綿々と続き白ける。李の怪演も…

ビリディアナ

★★★ 1982年7月21日(水) 三越劇場 素晴らしくロジカルに展開していく反カトリックなアンチモラリズム…ではあるが終盤の突発的カタストロフに至る劇的緊張が明確に形成されてるとは言い難い。明晰な撮影と演出ではあるが正直中盤はかったるい。惜しい。(cinema…

科学者の道

★★★★ 2020年6月28日(日) プラネットスタジオプラス1 炭疽病や狂犬病の治療薬を発見したパスツールの伝記映画で、監督のウィリアム・ディターレほ後年、「ゾラの生涯」と「偉人エーリッヒ博士」を撮り伝記3部作を成すのである。と俺が勝手に言ってるだけ…