男の痰壺

映画の感想中心です

2020-08-16から1日間の記事一覧

ダイアモンドは傷つかない

★★ 1982年5月16日(土) トーエイ伊丹 勝手な思い込みで勝手に大人になったつもりの女子大生の妄想世界に何の共感を得られる筈も無く、藤田の思いを仮託されたと思しき中年男山崎努も安寧の世界へと埋没する。田村正毅のフィルターワークのみが唯一見所。(cine…

想像コロナ

「なんやねん、想像妊娠ならぬ想像コロナやったんかい、ふざけんなよな」 「ギャハハ、ほんまですわ、味覚障害があるとかもっともらしいことぬかしくさってからに人騒がせもええとこですわ」 「この1週間、陽性やったらあーだこーだで大騒ぎさせられて、腹…

おもひでのしずく (2009年9月18日 (金))

※おもひでのしずく:以前書いたYahoo日記の再掲載です。 民主政権始動に際して ●できもの数年前のことだが、お尻の中に、できものができた。最初は、少々痛いくらいだったが、しまいには歩行の1歩ごとに、脳内に衝撃波が襲う。辛抱堪らんと、とうとう医者に…

アクシデント

★★★ 2012年5月26日(土) 新世界国際劇場 彼らの仕事の徒に複雑化した阿呆らしさが映画的趣向だと認めるものの、やっぱ阿呆らしい。その阿呆らしさが肝心の疑心暗鬼劇を矮小化させてしまい、主人公がピエロに見える。ただ、4人の人物設定の背景世界をも垣間…