男の痰壺

映画の感想中心です

2021-01-11から1日間の記事一覧

キラー・インサイド・ミー

★★★★ 2011年5月7日(土) シネリーブル梅田1 一定の論理に準拠するかに見えつつ結局何が何だかさっぱりと言うサイコの心理的な綾が微妙だし、中庸だがシャレっぽい語り口も微妙。体を張った2大女優の圧倒的エロスは空転し収束される深淵も無い。描かれるべ…

白いドレスの女

★★★★ 1983年2月9日(水) 伊丹ローズ劇場 新人監督による絵に描いたように巧い50年代「ファム・ファタール」ミステリーの再現に酔うが、オタク的なオマージュに終わらないのは渇いた色気の大女ターナーのプレーンな美貌とド迫力の賜物。(cinemascape)

死にゆく妻との旅路

★★★ 2011年4月23日(土) 高槻セレクトシネマ2 ブイブイ言わせてるときだと鬱陶しいとしか思えなくとも、クスブって受けに立ち行き場を無くしたときから最上の連れ合いとなる。孤絶した刹那な世界に埋没し破滅へ向かう旅路への仄甘い誘い。後暗い共鳴を覚え…

真冬のスケープゴート

毎日これだけ寒いと悴む指先をさすりながら世を儚む気持ちがいや増すのであるが、俺以上に世を儚んでいる人たちがゴロゴロでてきている中、クダまいてる場合じゃないと気を奮い立たせます。 見上げれば見えるコイツのこと、今まで存在さえ眼中になかったのだ…