男の痰壺

映画の感想中心です

2021-01-26から1日間の記事一覧

汚れた英雄

★★ 1983年1月12日(水) トーエイ伊丹 削ぎ落としたのではなく描ける内容が限られてるから無機的になった。結果的に女をこますこととバイクを走らせることという事象に特化して純粋映画になることもできたろうに哀しくも角川の精神支柱はどうしようもなく浪花…

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を

★★★ 2011年3月12日(土) トビタシネマ 序盤のホテルでの襲撃シークェンスのスタティックな構図とローリングするカメラ使いに期するが、又かの仲良し親爺どもの青春遊戯のリフレインに心折れる。100年前の開拓時代の信義則を信奉するジョニー・トーにピエ…

消しゴム

★★ 1984年12月8日(土) 千日会館 言いたいことは解るのだが、直裁的すぎで、だから…どうした?としか思えない。勿論、だからどうした?の映画は世に幾らでもあるが、新奇で斬新なイメージで補填すべきであって、従来の寺山キーワードの使い回しでしかないので…

ヒッチャー

★★★ 2021年1月17日(日) シネマート心斎橋2 カルティックな評価を受けた作品で、それだからこそ40年弱の歳月を経て再上映されたんだろうが、やっぱ少なからず風化してると思う。初見です。 車の運び屋が主人公ってところが「バニシング・ポイント」を、…