男の痰壺

映画の感想中心です

2021-05-05から1日間の記事一覧

終着駅

★★★★★ 1988年12月11日(日) セントラル劇場 圧殺されるかの如き時間の切迫と同期する主役2人の別れる別れないの粘着情念の表出と、錯綜する大伽藍ローマ駅構内で行き交う人々の絢爛たる人間絵巻。その構成の妙に滲むイタリア映画の強烈な伝統的芳香。アルド…

脱獄広島殺人囚

★★★ 2009年12月5日(土) 新世界東映 罪を重ねるうちに何がどうなってもかまへんねん…となっていくのは「石川力夫」的狂気に比して余程理解できる。娑婆と務所を往還するロケーションの緩急も心地良く精神的懊悩も余りないので壮快。ただ、ラストのぶん投げ…

さよならゲーム

★★ 1988年10月16日(日) 新世界劇場 ロートル爺さんが若手を導くという話なら解るが、壮年期のおっさんがマイナー世界に耽溺し、くすぶり人生で自己愛に浸るという物語が心を射よう筈もない。それを、知ったような顔して悦に入るコスナーのナルシズムが上塗り…

ジャ・ジャンクー Zhang Ke Jia

生年月日: 1970/05/24 kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com

田中登 Noboru Tanaka

生年:1937/08/15没年: 2006/10/04 kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com

リオ・グランデの砦

★★★★ 2021年4月29日(木) プラネットプラスワン 予算的にけっこう制約があったらしく小ぶりの感がなくもないが、それだからこそといいましょうか、フォード一家の面子のコラボもよろしく小さなエピソード群の集積が好ましい。 ぶんむくれた女房の態度に手を…