男の痰壺

映画の感想中心です

2021-05-31から1日間の記事一覧

バベットの晩餐会

★★★★★ 1989年6月17日(土) セントラル劇場 幸せに多少は惹かれても慎ましやかな生き方を選択した姉妹の長い人生に捧げられた至福の1夜。謙虚に絶対の天才を隠していたトリックスター、バベットが舞い降りた幸運を機にスパークさせる奉仕の演舞。豪奢な料理の…

サブウェイ123 激突

★★★ 2009年9月12日(土) 梅田ブルク7シアター5 バブル崩壊後の残滓を湛えたムードが傑出しており、且つマジ本線途上での脱力会話ギャクも冴える中、プロット丸々ギャグ化する身代金輸送プロセス。ヘルゲランド冴えとると思う端から電車暴走と主役対峙のコ…

サテリコン

★★★★ 1978年4月9日(日) SABホール 今で言うノンポリ青年2人が彷徨うエログロの一大饗宴が繰り広げられる古代ローマの各シーンはフェリーニの集大成とも言うべきスペクタキュラーなイメージ造形で真に圧倒的のひとことなのだが…余りに凄すぎて疲れる。(…

矢崎仁司 Hitoshi Yazaki

生年:1954/11/20 kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com

リチャード・C・サラフィアン Richard C. Sarafian

生年: 1932/04/28没年: 2013/09/18 kenironkun.hatenablog.com

お目出度すぎて涙が出そう

「お〜かしくうって涙が出そう〜」 「またきたよ」 「あんどとろわ〜あんどとろわ〜」 「なんなんです?」 「これが笑わずにいられるかっての」 「はあ」 「世論調査見たか?ワクチンの接種遅れの原因は、国の準備不足77%.、自治体の準備不足25%、医師会…

夏時間

★★★★★ 2021年5月6日(木) シネヌーヴォX おじいちゃんの実家に帰っての少女の夏休み。 的な遣り尽くされた感のある少女視線の物語とはかなり違っていて、父親とその妹とおじいちゃんという大人の世界も同等に描かれて、世知辛く生々しいのが骨太。 女房に逃…