男の痰壺

映画の感想中心です

2021-06-09から1日間の記事一覧

愛を読むひと

★★★★★ 2009年7月8日(水) TOHOシネマズ梅田9 『青い体験』かと思えば『私が棄てた女』だったという展開に予想外に心を射られた。サイクリングシーンの唯一の煌めきは残像として後半も支配する。筋を通す強靱さをウィンスレットは文字通り体現。ファイ…

ロザリー・ゴーズ・ショッピング

★★ 1990年11月24日(土) みなみ会館 何も消費社会を風刺しろとか教条的善悪論で価値観を縛ろうとか思わないが、題材が題材なだけに、もう少し現実に棹さすべきだろう。完全なアイデア倒れであり、この楽天主義は無闇にひたすら腹立たしい。(cinemascape)

ディア・ドクター

★★★★★ 2009年7月17日(金) なんばパークスシネマ5 決して新味のある話でもないのだが、時制の支配力とでも言うべき構成の説得性と、行間の描き込みの緩みの無さ。畢竟、物語の上澄みではなく総体のボリュームが浮上する。ロジカルセンテンスで浮かび上がる…

工藤栄一 Eichi Kudoh

生年: 1929/07/17没年: 2000/09/23 kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.…

イザベル・コイシェ Isabel Coixet

生年: 1960/04/09 kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com

今年の恋

★★★★ 2021年5月23日(日) シネヌーヴォ 俺は木下恵介の描くプチブルが性に合わない人間で、彼の現代コメディが苦手なのだが、これはスピード感があって良かった。 他愛無いお話で、彼と彼女は一目惚れなのだが、思い込みと行き違いが重なって互いを牽制し合…