男の痰壺

映画の感想中心です

2021-08-13から1日間の記事一覧

ぐるりのこと。

★★★★ 2008年7月18日(金) シネリーブル梅田2 2人を取り巻く世界が厳然として存在しつつ淡々と流れていく。偽悪的に夫婦の有様のキツい面を抽出した展開も世界に補完され至福に至る。宗教的なまでの達観。ただ多くの実事件の素描は精緻な相関には遠い。リ…

ケープ・フィアー

★★★★ 1991年12月30日(月) 北野劇場 贅を尽くしてスコセッシが技巧の限りを愉しもうとした映画なんだと思う。そう思うとサイコものとしての緩さは許せる…と弁護しても後半の崩壊は惜しいし、デ・ニーロも予測を裏切ってはくれない。(cinemascape) kenironkun.…

赤い風船

★★ 2008年7月30日(水) 梅田ガーデンシネマ1 少年と風船のドリフのコントめいた寸劇も、我慢してれば何時かはシュールな地平に誘われるか、或いは破壊や虚無や悔恨や何かの実に接し得るかと思えば、結局場当たり的な逃避的帰結で茶を濁す。そんなのは本気…

冨永昌敬 Masanori Tominaga

生年:1975// kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com

ウィリアム・ユーバンク William Eubank

生年: 1982/11/15 kenironkun.hatenablog.com

白衣の男

★★★ 2021年8月1日(日) プラネットプラスワン *プラネットでは「白いスーツの男」のタイトルで上映されましたが、ここでは流通している「白衣の男」を採りました。 「イーリング喜劇」という言葉を初めて知ったのだが、1950年代のロンドンの片隅にあっ…