男の痰壺

映画の感想中心です

2021-09-16から1日間の記事一覧

独立愚連隊

★★★ 1991年8月25日(日) 日劇会館 やさぐれ者たちの吹き溜まりにしては刹那感に乏しい。まあ喜劇なのだから言っても始まらないのだが、スタイルが完成されてるだけに惜しく思える。唯一三船の使い処だけは傑作なセンス。心から笑えたのはそこのみだった。(cin…

この道は母へとつづく

★★★ 2007年12月1日(土) 梅田ガーデンシネマ2 物語が転がり出すまでが些か長いし転がりだしてからはあっけないにせよ本筋に於いて異論は無い。勝手にロードムービーを期待し、靄の泥濘道や新芽が息吹く操車場や雨の石畳やなんかが深淵で形而上的な何かを醸…

膝と膝の間

★★ 1991年8月25日(日) 日劇シネマ 非常に言い訳がましい展開で、成る程、儒教の国に於けるポルノ勃興にはそれなりの弁証的措置が必要だったのだろうが、かえって三流の昼メロか出来の悪いロマンポルノみたいなテイストになってしまった。SEXに対し悦びも…

大林宣彦 Nobuhiko Obayashi

生年: 1938/01/09没年: 2020/04/10 kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.…

ヌリ・ビルゲ・ジェイラン Nuri Bilge Ceylan

生年: 1959/01/26 kenironkun.hatenablog.com

サマーフィルムにのって

★★★ 2021年9月5日(日) シネリーブル梅田4 時代劇マニアの女子高生が作る自主映画の話だそうだ。端から胡散臭え〜っとか思ったらダメなんでしょうけど、やっぱウソくさい。 だいたい、監督が主演の男に惚れて恋する乙女になっちまって悶々とか、何やっとん…