男の痰壺

映画の感想中心です

2022-03-30から1日間の記事一覧

赤い航路

★★★★★ 1993年9月25日(土) 池田映劇 冒頭の乳白色の海の深みに誘われ突入する目眩く変態性欲世界は文学情緒満載で時制の構成も巧緻。依存と乖離を往還しながら堕ちてゆく男と女の腐れ縁の帰結はそれ以外にあり得ない必然。そして突き放す。物語のバイブレーシ…

ワンス・アンド・フォーエバー

★★★ 2003年6月19日(木) トビタシネマ ドラッグもストーンズも未だ無いベトナム。完膚無き負け戦にまみえた50年代アメリカ理想主義は友愛精神も高らかに未だ穢れを知らない。斜に構えぬ平明な描写は悲惨な戦闘状況を的確に描写するがイラク戦争下でこれが製…

僕の村は戦場だった

★★★★ 1993年9月17日(金) 第七藝術劇場 現在進行形の部分は今だありきたりな物語の尻尾にひきずられ、その静謐描写の連続は倦怠との臨界ギリギリとも思われるのだが、回想シーンのシュールな突出が失われし恒久平和をリリカルに表して惜涙が滲む。その時制の…

テリー・ギリアム Terry Gilliam

生年:1940/11/22 kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com

HIKARI Hikari

生年:/// kenironkun.hatenablog.com

カオス・ウォーキング

★★★ 2022年3月26日(土) 新世界国際劇場 心で思ってることがバレバレになってしまう。 もし、そうなったらと思うと、己の下衆性根が白日のもとに晒されてかなわんわーと思う一方で、みんなそうなんやからええかと思ったり。だって、多かれ少なかれ人間なん…