男の痰壺

映画の感想中心です

2022-07-14から1日間の記事一覧

カリートの道

★★★ 1994年7月24日(日) 新劇会館 しがらみに絡め取られて暗黒道に舞い戻らざるを得ない顛末が在り来たりで、大体パラダイス志向のヤクザってのが、どうにもショボくて物語が一向に弾けない。ラストはやはり魅せられたが、あとはショーン・ペンのチリチリ頭く…

ブラックホーク・ダウン

★★★ 2002年4月4日(木) 北野劇場 他国の内戦に介入する是非は兎も角、失敗に終わった作戦へのポリティカルな視座も決定的に欠如し、唯ひたすらに仲間の救出という同志愛だけを高らかに歌い上げたって仕方ないだろう。(cinemascape) kenironkun.hatenablog.com

トータル・バラライカ・ショー

★★★ 1994年8月13日(土) テアトル梅田2 抑圧が産んだ統制の美しさを前に無秩序な精神は自由の素晴らしさを提示できていない。カウリスマキはイベントに乗っかてるだけ。LCの連中のおふざけが段々鼻について来るくらいのRA楽団の人たちの一生懸命さは感動…

オキサイド・パン & ダニー・パン Oxide Pang & Danny Pang

生年:1965// 1965// kenironkun.hatenablog.com kenironkun.hatenablog.com

フラレ・ピーダセン Frelle Petersen

生年:1980// kenironkun.hatenablog.com

ロベルト・ファエンツァ Roberto Faenza

生年:1943/02/21 kenironkun.hatenablog.com

この三人

★★★★ 2022年7月2日(土) プラネットプラスワン ウィリアム・ワイラーと言えば泣く子も黙る巨匠なのだが、考えてみると打ち震えるような傑作ってあったのかと考えてしまう。どうにも大味な感じがします。大作をものにし多様なジャンルを手掛けたという点で似…