男の痰壺

映画の感想中心です

映画感想【はは~はん】

遙かなる走路

★★ 1980年10月28日(火) 伊丹ローズ劇場 さすがに新藤の脚本は卒がない。やたらテンポが良いため退屈はしないのだが、約束された結末に向かうドラマは暗部に触れることが許されるはずもない。所詮は御用映画と思い始めると印象は平板化していく。豪奢な社史編…

ハリケーン

★★★★ 2018年8月11日(土) プラネットスタジオプラスワン 昔の映画だし、ハリケーンの描写もどの程度のもんだろうと思って見た。 が、想像以上であった。 水量が半端ない。 風の強さが半端ない。 そして、人々の命が半端なく奪われる。 我々は、東日本大震災…

バンクーバーの朝日

★★★★ 2014年12月28日(日) MOVIXあまがさき5 鬱積を晴らす術もない抑圧の移民族史の束の間の晴れ間を描くにこの低体温が相応しい。ましてやバント戦術というショボい勝ち方ではゲームが盛り上がろう筈もないが、それでも必死だった彼等の思い…

ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー

★★★★ 2018年7月21日(土) 梅田ブルク7シアター4 巷間不評だと聞いていたが、サイドストーリーとして「ローグ・ワン」より買うね、俺は。 ごちゃごちゃしてないのが良い。 本流のサーガとの連関なんて、チューバッカとミレニアム・ファルコン出しとけばえ…

パンク侍、斬られて候

★★★★ 2018年7月2日(月) 梅田ブルク7シアター3 町田康の小説は読んでないか、多分読んでてても1作くらいだ。 (「きれぎれ」を読んだかもしれない) 今回、映画を見て(特に前半だが)、俺は、中島らもの世界に近似だなあと思った。 (中島らもはほとん…

遙かなる山の呼び声

★★★★★ 1980年10月28日(火) 伊丹ローズ劇場 1981年2月24日(火) 伊丹ローズ劇場 今更の『シェーン』焼き直しであるとか、安易な字幕使用やズーム用途の拙劣さを悉く吹き飛ばす親子の日常を描いた部分のリアリティある切り込み。病院屋上での倍賞と吉岡の会話に…

パーフェクト・プラン

★★★ 2015年5月11日(月) 新世界国際劇場 運にも福にも見放された夫婦の状況描写が切実ではあるものの、モラリズムを遮蔽しことやらかすのに行きつ戻りつの心の揺らぎが納得性はありつつ映画的には煮え切らない。で、結局そんな問題を無視してサスペンサブル…

ハンカチのご用意を

★★★ 1980年11月30日(日) 梅田東映ホール 歪なまでに変形しゆく世界観をあくまで日常として呈示しようとする気概は買うが、足りないのはパワー。かつてブニュエルやパゾリーニが保ったテンションを低迷期の仏映画で示現するのはしんどかった。微妙な出来だが…

同胞

★★★★ 1980年12月15日(月) 伊丹ローズ劇場 中央にオルグられて地方が問題意識を持つという民青的ムードと力を合わせればことは成るという今更の題材に退く部分があるが、つまらん題材だからこそ逆説的に徹底した農村の細密描写のリアリティで保たせる或る意味…

張込み

★★★★ 1979年8月25日(土) SABホール 精緻な設計図を基に徹底した撮影現場のコンテクストを描いて臨んだと思しき一点一画を忽せにしない職人仕事の趣がある。拘りを感じさせるアバンタイトルの異様な長さが意識の程を表出。しかし、設計図を突き破るものも…

バンクジャック

★★★ 2015年10月25日(日) プラネットスタジオプラス1 最悪の窮地でも軽やかに笑みを浮かべ続けるベイティとキュートなゴールディが「ルパン三世」の元ネタめいてる。犯行シークェンスはともかく後半の大半を台詞無しで費やす延々たる逃避・追跡行が異様な…

パリのナジャ

★★★★ 2017年9月18日(月) プラネットスタジオプラス1 フランス外務省の依頼で撮られたソルボンヌ大学の紹介みたいなドキュメントという体裁。 演出がエリック・ロメールで撮影がネストール・アルメンドロス。 まあ、ドキュメンタリーな感じはしない。 ナジ…

母と暮せば

★★★★★ 2016年1月27日(水) 大阪ステーションシティシネマ7 受け専小百合の芸歴を総括するリアクション芝居の細緻な達成度に瞠目した。冥界と現世を揺らめく彼女が駄々っ子悪魔をなだめたしなめ唯一の心残りの黒木の行く末を見定め安堵する。何という高潔な…

バリー・リンドン

★★★★★ 1977年7月10日(日) ビック映劇 物語は方便に過ぎず、役者は単なる装置である。兎にも角にもロケハンと衣装とメイクを含めた映画美術と臨界超えF値による幽玄の室内と観光的薄さと対極の歴史を内包する屋外の光。それら技術への過度の傾倒が周回した挙…

ハルチカ

★★★★ 2017年3月29日(水) TOHOシネマズ梅田4 身も蓋もない話である。 吹奏楽部を中心になって立ち上げたが、肝心の奏者としての資質に欠ける女の子。 で、一生懸命に努力しましたが…結局ダメでした。 そんだけなのだ。 前半の部員集めの「ちはやふる」2番…

ハリーとトント

★★★★ 2016年6月11日(土) 大阪ステーションシティシネマ7 ペット片手に放逐されたハリーは貯えも身寄りもあって嘗ての『ウンベルトD』の爺さんのような悲愴はなく自立の矜持満々。アメリカに国力が溢れてた時代の幻影。ただ、寄席芸人としてカーニーの地…

パンと裏通り

★★★ 2017年2月18日(土) シネヌーヴォ タイトルバックがビートルズ(オブラディオブラダ)? っていうかイージーリスニング使用ってことなんやろう。 そういう、手近のもんで済ませた、まあ習作ですわ。 俺も子供のころに、犬に追っかけらえてトラウマにな…

破門 ふたりのヤクビョーガミ

★★★★ 2017年1月28日(土) 梅田ブルク7シアター3 まあ「ミナミの帝王」みたいな話で、ストーリーラインにさほど新味は無い。 シリーズを途中から見たような前置き無い展開が剛毅で好ましい。 関西系の役者に拘り、関西弁の丁々発止な台詞を朗々と詠ずる。 …

バーバリー・コースト

★★★★ 2017年1月14日(土) プラネットスタジオプラス1 冒頭に未開のサンフランシスコに着いた彼女が婚約者の死を知らされ尚居残ることを決辞する件で決定的な文学的な台詞が曖昧さを糊塗する。 やってくれるなと思う。 エドワード.・G・ロビンソンの片耳イ…

パピヨン

★★★★ 1974年3月23日(土) OS劇場 1975年4月20日(日) 伊丹グリーン劇場 娑婆と監獄を往還しつつどんどんと詫び寂びの境地に到達する構造が秀でているのだが、その為の導入の囚人護送の一大モブが効いてる。刷り込まれたマックィーン=脱獄定理が基底を固める…

ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気

★★★ 2016年11月28日(月)大阪ステーションシティシネマ9 恋の形成過程も熟成過程も多分におざなりである。 確かに映画の本線は権利を得るための社会を巻き込んだ「闘い」にあるのだろうし、実話ということで脚色にも限界があったかもしれない。 だが、この…