男の痰壺

映画の感想中心です

人生は素晴しい

★★★ 1981年8月5日(水) SABホール

f:id:kenironkun:20190817160320p:plain

ロシアの過酷な風土に根差したチュフライの鋭角的視点は地中海の陽光下でポカポカと間延びし、かといってラテン的になれようもなく中途半端な映画になってしまった。全体に緩い印象だが、とにかくオルネラ・ムーティが美しいので飽きない。 (cinemascape)