男の痰壺

映画の感想中心です

R100

★★★★ 2013年10月12日(土) 梅田ブルク7シアター4

f:id:kenironkun:20191010013328j:plain

生きる辛さに耐える密かな愉しみがマゾヒズムでは、趣向を取り揃えてみても所詮は凡庸なのだが、渡部の登場を契機に半ばから壊滅的に流れは崩壊する。70年代パープリンアナーキズムの復刻。「丸呑み」・「サクセス」・「CEO」等小ネタも冴えてる。(cinemascape)