男の痰壺

映画の感想中心です

永遠の門 ゴッホの見た未来

★★★★ 2019年11月8日(金) 大阪ステーションシティシネマ

f:id:kenironkun:20191109085011j:plain

多分、全篇の9割くらいが手持ちカメラで、これが頻繁にパンニングする。被写体を追ってのそれではなく、被写体A→B、B→Aといったのをやるのでイラつく。

元来、手持ちの妙味ってのはライブ感であって、この映画にそれは必要か?

って思う。これは見終わった今の感想でも変わらない。

 

オスカー・アイザック扮するゴーギャンが言う。

「あんたのそれは絵じゃない、そんなにべっとり塗りたくって、まるで彫刻やん」

「なんで、そんなにせっつかれたように描く?もっと落ち着きなはれ」

マッツ・ミケルセン扮する聖職者が言う。

「正直言ってええ?あんたの絵きもちわるいわ」

 

まあ言うなれば、ゴッホは割かし近しい人からも否定されてたわけで、あんまり絵に関心がない人々から見れば狂人に近かった。

そんな、全否定のなかで生涯を終えた彼を、映画は生温かくは描かない。

諸説あるようだが、一種の先天性の精神疾患アスペルガーに近い解釈がなされているようだ。

ゴーギャンとの離反のあと、自らの耳を切った件と、そのあとの療養所の描写は過酷で峻烈である。

 

そんな彼を、それでも温かく見守った人たちもいた。

事件を起こしたあと、弟で画商のルパート・フレンドに抱かれるゴッホは幼子のよう。

映画最終部で登場するマチュー・アルマリックの医師も理解と慈愛をもって彼に接する。

あまりに孤独なゴッホの生涯での微かな救い。

 

生前、まったく評価されず、死後に認められた多くの芸術家は、映画のモチーフとして数多く取り上げられている。

そういったなかで、この作品は一種孤高の頂を目指してかなりに成功している。

なぜなら、描かれる対象と描く側の心魂が表層ではなく、深い内実において同期していると思われるからです。