男の痰壺

映画の感想中心です

メリー・ポピンズ

★★★ 2013年8月24日(土) 大阪ステーションシティシネマ

f:id:kenironkun:20191205081358j:plain

彼岸から来たメリーに対し此岸にもヴァン・ダイクがいるのがミソで、子供放ったらかしで2人でよろしくやってるのが教条主義臭を廃してる。それでも結局は人間性の回復なぞ謳うしかない限界。総じて眠いがジュリーの唄声が聞こえると覚醒させられる。(cinemascape)