男の痰壺

映画の感想中心です

テス

★★★★★ 1981年4月5日(日) ビック映劇

                        1982年4月28日(水)  関西学院大学学生会館大ホール

f:id:kenironkun:20200211113132j:plain

美しいが故の悲運を逍遥と受け止めるキンスキーを時代と世界が包み込む。その圧倒的なアンスワースの遺言とクロケの継承。少女愛の臨界に立つポランスキーだからこその腐食寸前の危うさを内包するハーレクインロマンは崖っ縁で均衡している。(cinemascape)