男の痰壺

映画の感想中心です

ミロクローゼ

★★★ 2012年12月11日(火) テアトル梅田1

f:id:kenironkun:20200506201150j:plain

正直、ほとんどスベってる感じ(特に熊谷ベッソン篇は痛々しい)なのだが、ゴリ押しな釣瓶打ちで退く間なく持ってかれる。見果てぬ「愛」への渇望がテーマらしいが、どうでもいいとしか思えぬのがいじらしくキュート。100人斬りの浮世絵構図がシャレてる。(cinemascape)