男の痰壺

映画の感想中心です

甘い生活

★★★★★ 1982年11月8日(月)  梅田ロキシー

f:id:kenironkun:20200524102855j:plain

60年の今を描きながら典雅で絢爛たる古典の風格をも持つ。時空の狭間から現出した異次元空間の如き狂騒世界はやがて静謐の境界線上に至るのだが、生ある者は戻るしかない。その図式的展開の強固なパワー。何十時間でも見ていたいとさえ思わせた稀代の傑作。(cinemascpe)