男の痰壺

映画の感想中心です

希望の国

★★★ 2012年10月27日(土) シネリーブル梅田2

f:id:kenironkun:20200530220028j:plain

無人の街で2人きりで末期を迎える老夫婦に切ないまでに心は共振をしつつも、「希望」の欠片も存在しない展開に萎える。柔な作劇が通じない状況への戸惑いは理解するが、嘘でも「希望」を謳うべきだろう。若しくは全開の悪意をこそだ。らしくない半端さだ。(cinemascape)