男の痰壺

映画の感想中心です

いのち・ぼうにふろう

★★ 1982年9月22日(水)  新世界東宝敷島

f:id:kenironkun:20200530222416j:plain

脳内作劇ででっちあげられた無頼の徒の純情と反抗があざとさを通り越し気持ち悪くさえある。豪華なキャスティングと孤絶した「島」深川安楽亭の設定と装置の良さをもってしても脚本のシラジラしさと安住する小林のキザ演出が耐え難い。(cinemascape)