男の痰壺

映画の感想中心です

たかが世界の終わり

★★★★ 2020年5月30日(土) 大阪ステーションシティシネ10

f:id:kenironkun:20200531041949j:plain

「マミー」にはカサヴェテスを感じだが、これはベルイマンを意識してると思われる。感情の妥協的な相互の寄り掛かりはビタイチない。あるのは絶望的な孤絶感だけ、兄弟・親子なのに。

そういった確執を、全体の8割くらいをクローズアップが占める技法選択で描く。まあ、それが成功してるかどうかはともかく「マミー」のアスペクト比同様チャレンジングだ。ヴァンサン・カッセルやレア・セドゥといった爬虫類系の冷血顔を揃えたのも効いて、アップ芝居の連続が居たたまれなさ身の置き所のなさを倍加する。

 

物語は、家を捨て奔走していた次男が何かを家族に告げるために帰郷する。で、結局は告げずに再び家を後にするのであった。

と書くと身も蓋もないが、病に冒され冷や汗たらしながら、次男は家族の懊悩を受け止め続けるし、況や母親ナタリー・バイは彼にその役割を命じる。

まるで受難を予知したイエス・.キリストになれとばかりに。そして、次男は従容としてそれに従うのだ。

 

一家と唯一血縁関係でないマリオン・コティヤールの兄嫁は、さながらマグダラのマリアなのだろう。しかし、彼女も遠くから見守る以外になす術はない。

救いようのない映画だが、なんだか覚悟表明のような峻厳もかんじさせる。