男の痰壺

映画の感想中心です

凶弾

★ 1982年9月15日(水) 梅田グランド

f:id:kenironkun:20200614074047j:plain

悲愴なる(筈だった)ラストに向けてこれ以上無いご都合主義で組み立てられたストーリー。そういう映画は山ほどあるのだが、負って立つ主役が感情移入のしようもないトホホな野郎。こういうマイナス要素は掛算ならプラスになるのだが足算だったみたいです。(cinemascape)