男の痰壺

映画の感想中心です

野火

★★★ 1982年5月26日(水)  関西学院大学学生会館大ホール

f:id:kenironkun:20200804205151j:plain

「神」を切ったのは一見英断に見えるが、ならば新たな何かを付与するか残されたもの透徹させるしかない。考え得るのがカニバリズムだが表層的である。どんなジャンルも料理して見せるという夫婦茶碗の奢りが産んだ通り一遍の作。(cinemascape)