男の痰壺

映画の感想中心です

ラスト・ターゲット

★★★★ 2012年5月12日(土) 新世界国際劇場

f:id:kenironkun:20200823072417j:plain

冒頭から「非情」を提示され、演出も低温を維持しこれみよがしさが皆無。エッジが効いてないとも言えるが、物語構造に同期した心地良い緩さ。ベッドシーンの即物感も良いが白眉は山中での『ジャッカル』的試射場面。女スナイパーとの心理的駆け引きも際立つ。(cinemascape)