男の痰壺

映画の感想中心です

マイ・ウェイ 12,000キロの真実

★★★ 2012年4月21日(土) 新世界国際劇場

f:id:kenironkun:20200911200439j:plain

数奇であることにかまけている。描くべきは2人の心理的葛藤や確執なのに、釣瓶打ちに色々起こりすぎて、その勢いに気をとられてる間に終わってしまう。受けに徹するドンゴンに対してオダギリの遣り放題な七変化責めが笑えるのがご愛嬌か。(cinemascape)