男の痰壺

映画の感想中心です

黄色い星の子供たち

★★★★ 2012年4月21日(土) 新世界国際劇場

f:id:kenironkun:20200913072257j:plain

若干食傷な題材なのだが、ロケやセット美術にしても役者の演技にしても、描くべき事象に愚直なまでに正対し一切逃げてない。そこに心打たれる。通常避けても構わないヒトラーまでもが当たり前のように描かれボロも見えない。演出が大構えで素晴らしい。(cinemascape)