男の痰壺

映画の感想中心です

鵞鳥湖の夜

★★★★ 2020年9月27日(日) シネリーブル梅田1

f:id:kenironkun:20200927191946j:plain

この監督の前作「薄氷の殺人」は、どうにも表層的な感じがして好きになれなかった。これも相変わらず気障ったらしいポーズが鼻につく部分がある。

のであるが、中国アンダーグランドに於けるグループ間の抗争を背景にしてることから、監督イーナンの統御が及ばない混沌が現出しているように思われた。

同じような混沌は、本年公開のジャ・ジャンクー「帰れない二人」、ビー・ガン「ロングデイズ・ジャーニー」なんかにもみられ、テイストも近似してるようだ。中国の急速な高度成長と表裏の関係である非合法集団。成熟してしまった日本のそれとは活力が違うのだろう。

 

警察も介入した騒乱の果てに、女の為にとの思いを胸に逝く男。

その一枚も二枚も上で絵を描く女たち。

類型的な括り方だが、それでも、この監督らしからぬ風がラストには吹き抜けていた。