男の痰壺

映画の感想中心です

少女ムシェット

★★★★★ 2020年11月17日(火) テアトル梅田1

f:id:kenironkun:20201118090527j:plain

ブレッソンをそんなに見てるわけではないが、これは今まで見た中でベストであるし、今年見た旧作の中でも最上位に置くだろう。

 

貧乏で悲惨ということを映画はけっこう好んで取り上げる。そして、この主人公の少女を取り巻く状況も貧乏で悲惨なのだが、この映画の傑出してるのは、徹底的な不寛容に行き着いてしまっているところで、彼女の外界に対する価値基準は憐憫や理解を拒絶するのだ。

だから、映画は通常の感情の行き来で形成されるドラマトゥルギーとは無縁の孤高に立っている。純粋に行為のみが映画を起動させる。

 

この映画では行動は往々にして反復される。

パブのカウンターでワインを飲む。

同級生に泥塊を投げつける。

電動カートでぶつかり合う。

 

ムシェットは何度か大粒の涙をポロポロ流すが、そのとき表情は無である。悲しいとか悔しいとかの表層の感情が極まり涙を流すのではない。もっと根っこの部分がダイレクトに反応してるみたい。

 

人の営為は、ほとんどが後付けで解読され修飾されていく。我々の生活はそういった欺瞞に満ちている。ブレッソンは、そういう欺瞞を剥ぎ取ったあとに残るものを呈示する。

だから、終局もあっけないほど唐突に訪れるし、水面の波紋は瞬く間に消え去るのだ。