男の痰壺

映画の感想中心です

無理心中 日本の夏

★★★ 1983年12月11日(日)  伊丹ローズ劇場

f:id:kenironkun:20201128035236j:plain

自分が誰かに殺されることにこそ意味が或るという机上の論理的モチーフを、これ又記号化されたアナーキスト達の中に投げ込み禅問答を繰り広げる。記号が記号に留まるので突き抜けないが方法論としては解る。イメージの飛躍は部分限定で好み。(cinemascape)