男の痰壺

映画の感想中心です

黄昏

★★★ 1983年7月14日(木)  戎橋劇場

f:id:kenironkun:20201209012309j:plain

父娘の確執といってもムキ身で鬩ぎ合うものではない。所詮は我の張り合いであって、そこに真の深い感銘を見出すのは難しい。フォンダ父子の実状を映画に被せて見るのも所詮ゴシップに過ぎない。生身の老いの痛々しさだけが真実とも思える。(cinemascape)