男の痰壺

映画の感想中心です

わたしの可愛い人 シェリ

★★★ 2010年11月6日(土) 梅田ガーデンシネマ2

f:id:kenironkun:20210207102332j:plain

終盤の2転3転の女心の移ろいが「畳み掛ける」までのダイナミズムに至らない。総体的にも冗長である。2人の変則愛が成立する寛容の時代としてのベル・エポックなのだろうが、にしても、舞台は限定され、時代を感じさせる風俗的興趣がもう少しは欲しかった。(cinemascape)