男の痰壺

映画の感想中心です

ヌードの夜 愛は惜しみなく奪う

★★★ 2010年10月8日(金) テアトル梅田1

f:id:kenironkun:20210214045011j:plain

相も変らぬ情緒過多のグダグダ劇なのだが、少なくとも以前の石井映画では強烈な男達の個性が情緒の何割かを相殺していた。受身な竹中のみでは取り込まれるだけでしんどい。デジカメの即物感は終盤で良い味を出すが全般には矢張り安い。(cinemascape)