男の痰壺

映画の感想中心です

★★★★ 1985年6月1日(土) 三番街シネマ1

f:id:kenironkun:20210307074212j:plain

大上段に構えて滅びゆく者へのレクイエムを紡ぐには駒が足りなかった。役者は悲愴ぶっても本質を表出し切れない。特に原田とピーターは無惨。三の城は箱庭のミニチュアで敗軍の兵達はTV芝居で血を吹く。全体を貫く無常感だけが圧倒的に本質を衝く。(cinemascape)