男の痰壺

映画の感想中心です

知りすぎていた男

★★★ 1985年6月23日(日) 友楽スカラ座

f:id:kenironkun:20210307180945j:plain

ヒッチの技法は、どっちかと言うと物語に従属し映画的快感に乏しい。何より主題歌「ケ・セラ・セラ」が屹立した存在感を示す終盤は技巧に耽溺した作家があっけらかんと1音楽に隷属してしまう様が一種歪で異様でさえある。(cinemascape)