男の痰壺

映画の感想中心です

絶対の愛

★★★★ 2010年4月24日(土) 天六ユウラク

f:id:kenironkun:20210319202827j:plain

壊れゆく女という再三繰り返されたテーマではあるが、「顔」が「内実」を凌駕し人間の実存を形成するという醒めた視線が徹底されるところが明快だと思うし、それを描くに、オーソドックスな手法で押し切り揺るぎない確信がある。サスペンスも上質。(cinemascape)