男の痰壺

映画の感想中心です

パリ、テキサス

★★★★★ 1986年2月15日(土) 大毎地下劇場

f:id:kenironkun:20210411132238j:plain

寄り添って生きることは苦しいが、喪失は更に耐えようがない。しかし、自己完結な放浪では傷は癒えず、直面し相対することでしか状況は打破できないのだ。そして、少年は大人達を後目に成長を続ける。一点一画を揺るがせにしない画面は至福でさえある。(cinemascape)