男の痰壺

映画の感想中心です

スコピオ・ライジング

★★★ 2021年5月6日(木) シネヌーヴォX

f:id:kenironkun:20210506151446j:plain

ケネス・アンガー初見です。

で、これが一般には最高作と言われてるらしいが、なんのことはない、これは前衛映画というまえに紛うことなき真性ゲイ・フィルムだ。

バイクをメンテする男たちを舐めるように撮って、ピッチリパンツのチャックを上げるとき、股間に釘付けのアンガーの視線がビシビシ伝わってくる。鍛え上げられた素肌に皮ジャン、辛抱たまらんわーってなもんです。

街に繰り出して野郎同士でバカ騒ぎ。1人の男の下半身ひんむいて、あそこに何かかけてギャハハーって楽しそう。

 

マーロン・ブランドの「乱暴者」が頻繁にインサートされる。ジミー・ディーンの写真も。男たちにとっても彼らはアイコンであった。

イエス・キリストの映画(タイトル知りません)もインサートされるが意図は不明。受難の聖者に自分たちを擬えてるんでしょうか。

 

20年代に欧州で花開いたアバンギャルド映画の流れが40年代のアメリカに伝播してアンガーの初期作を産む。そしてアンダーグラウンドで映画を撮り続けた彼が60年代にこの作品に行き着く。その映画史の中の蓋然性は興味深い。

しかし、ここには前衛というようなものは余り見受けられない。代わりに余りにアメリカ的なポップソングに全篇彩られている。