男の痰壺

映画の感想中心です

ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け

★★★ 1988年1月2日(土) SABホール

f:id:kenironkun:20210502184150j:plain

ごった煮的かつ趣味的な役名の数々とキャスティングは大層魅力的だが、そういう「ごっこ」が、どこかで真実に転化しないと映画的な感興は生じない。結局、最後まで「ごっこ」で終わってしまった。そんななか神戸浩の存在が唯一の真実だったかもしれない。(cinemascape)