男の痰壺

映画の感想中心です

扉をたたく人

★★★★★ 2009年8月8日(土) シネリーブル梅田2

f:id:kenironkun:20210523132344j:plain

太鼓という珍奇ではあるが現代的で尚且つ初源的なアプローチに惹かれるうち、日常では看過される階層社会が横断的に綴られ、諍いの民族史観は融解する。そのナウな構造。自己再生とか言うヤワな戯れ言は怒りの発露でしか綴じられない。この認識こそが白眉だ。(cinemascape)

 

 

kenironkun.hatenablog.com