男の痰壺

映画の感想中心です

クライマーズ・ハイ

★★★ 2008年12月20日(土) トビタ東映

f:id:kenironkun:20210713222812j:plain

組織の中の守旧と革新、編集と販売、親と子、友情と仕事、意地と妥協…多くの2項対立はデフォルメされ劇化されるが、原田が救い難く稚拙に見えるのは否定される側の時代錯誤なステロタイプ化に依る。『呪縛』と変わらない。冷めた熱演の役者陣が気の毒。(cinemascape)