男の痰壺

映画の感想中心です

博奕打ち いのち札

★★ 1990年4月15日(日) 日劇会館

f:id:kenironkun:20210715071139j:plain

義理と人情の狭間で煩悶する仁侠映画のロジックは後方に退けられ単線的な男と女の話になってしまった。意図としては良しとしても、大時代なアナクロ臭が鼻について乗れない。その帰結がラストの70年代的前衛風味な殺陣では余りに山下耕作の柄ではない。(cinemascape)