男の痰壺

映画の感想中心です

インベージョン

★★★ 2008年4月5日(土) 新世界国際劇場

f:id:kenironkun:20210819012610j:plain

何の新味も刺激もない今更の題材で、時制をシャッフルする編集も意図不明の小賢しさだが、執拗に我が子を探し求める母ものとして神経症的ムーアや狂気のフォスターをキッドマンが3馬身差でぶっちぎった。そのクールなオーラは一見の価値がある。(cinemascape)