男の痰壺

映画の感想中心です

毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト

★★★★ 2007年11月17日(土) 新世界国際劇場

f:id:kenironkun:20210912043714j:plain

こういう境界を越える話を半端にやられると、あざとさを被いきれなかったろうが、ミューズキッドマンの貞淑と逸脱の兼備がまるでブニュエル映画のドヌーヴのような説得力で迫ってくる。久々の見物である。接写のセンスが秀でたカメラも見直した。(cinemascape)