男の痰壺

映画の感想中心です

スザンヌ、16歳

★★ 2021年9月5日(日) シネリーブル梅田2

f:id:kenironkun:20210905195629j:plain

16歳って、演じてるスザンヌ・ランドンは20歳近いんやんか、サギやー金かえせー。

といちゃもんつけたくなるような出来だ。

 

クラスの中で同級生とかにとけ込めない。みんながやってることはガキレベルの遊びであって私は違うの、そんなのには付き合ってらんないわ。

みたいな、スザンヌ・ランドン15歳で書いたシナリオだそうな。

 

若いときは、自意識が肥大化してそんな中二病をもよおすのだが、経験をつんでみれば私青かったよねとなる。はずなのだが、これはそんな濾過装置を経ないまま世に出てしまった。言わばガキの戯言に金払って付き合わされるようなもんだ。

 

60年代のヌーヴェルバーグにせよ80年代の「恐るべき子供たち」ムーブメントにせよ、フランスでは伝統的にニューエイジによる斬新な映画の波が訪れてきた。今回それらに準える向きもあるみたいだけど、先達たちにあったシニカルな自己批評はこの作品には微塵もないと思われるんです。